当会は、金融財政政策および金融機関経営に関する情報の収集・発信、調査研究と経済金融知識の普及・啓蒙を目的として、1950年(昭和25年)6月、大蔵省所管の社団法人として設立され、多くの皆さまのご支援のもと、今日まで65年余りの歴史を刻んでまいりました。

 創立以来、「公平・中立」をモットーに、定期刊行物、書籍、セミナー・研究会、ファイナンシャルプランナー検定試験などの事業を幅広く展開。先見性と専門性に裏打ちされた「きんざい」ブランドの商品・サービスのクオリティは、金融界、法曹界、官界はもとより、広く経済界からも、高い評価をいただいております。

 ICT技術の劇的な進化もあり、今や「情報」こそがイノベーションの源泉です。インターネットを通じて膨大な量の情報があふれかえる中、グローバル・ローカル、伝統・革新という視点を忘れず、皆さまにとって本当に価値のある情報を、正確かつスピーディーにさまざまなチャネル、商品を通じてお届けします。

 金融財政事情研究会は今後も、日本でもっとも信頼される金融メディア・金融教育のフロントランナーであり続け、皆さまのお役に立ちたいと考えております。

一般社団法人 金融財政事情研究会
代表理事
小田 徹