2018年1月から預貯金口座へのマイナンバー付番対応がスタート。マイナンバー法(番号法)遵守に必要とされる知識・判断力および日常業務に必要とされる顧客(個人・法人)のマイナンバー取扱いルールに関する理解度を問うことで、マイナンバー保護オフィサーとして求められる法令等の知識の習得度、実務における対応力を検証します。

試験の概要

受験日 2018年6月4日から通年実施。受験者ご自身が予約した日時・テストセンター(https://cbt-s.com/examinee/testcenter/ ※CBT-Solutionsウェブサイトに遷移します)で受験していただきます。
受験予約開始日 2018年4月2日
試験の対象者 本部担当部門従事者、営業店等の管理者および法人営業担当者、個人・窓口担当者等
※受験資格は特にありません
試験の範囲
  1. マイナンバー制度の概要(通知カード、個人番号カード、法人番号、個人情報保護法とマイナンバ一法(番号法)、等)
  2. マイナンバー保護対策(個人番号・特定個人情報の取得・本人確認・利用・提供・保管・安全管理措置・削除・廃棄・委託等に関する取扱いルール、等)
  3. マイナンバー制度と金融機関の実務(金融商品販売業務と顧客のマイナンバー保護、預貯金等付番に係る個人番号の取扱い、等)
  4. その他業務とマイナンバ一保護(個人番号に関する事務の委託先管理・再委託の取扱い、特定個人情報の漏えい事案等発生時対応、等)
試験時間 100分 ※試験開始前に操作方法等の案内があります。
出題形式 四答択一式50問
合格基準 100点満点で70点以上
受験手数料(8%税込) 4,320円
法令基準日 2018年4月1日現在で施行されている法令等に基づいて出題されます。
合格発表 試験終了後、その場で合否に係るスコアレポートが手交されます。合格者は、試験日の翌日以降、「マイナンバー保護オフィサー」の認定証をマイページからPDF形式で出力できます。
持込み品 携帯電話、筆記用具、計算機、参考書および六法等を含め、自席(パソコンブース)への私物の持込みは認められていません。テストセンターに設置されている鍵付きのロッカー等に保管していただきます。メモ用紙・筆記用具はテストセンターで貸し出されます。計算問題については、試験画面上に表示される電卓を利用することができます。

ご案内PDFファイル[377KB]

申込方法、お支払いについて

申込方法などの詳細はCBT-Solutionsのウェブサイトをご覧ください(CBT-Solutionsウェブサイトに遷移します)。

受験申請

CBT試験 受験者ログインCBT受験申請ページよりログインの上、お申し込みください(CBT-Solutionsウェブサイトに遷移します)。