特徴

  • 2017年1月より個人型確定拠出年金(iDeCo)は、専業主婦、公務員を含め、基本的に60歳未満のすべての人が利用できるようになりました。
  • 本試験は、預かり資産営業・推進に携わる金融機関の担当者等が、iDeCo制度を利用した資産運用・形成のために最低限必要な知識の習得度を検証します。「お客さまにiDeCoの説明をするため」「NISAなどの制度と組み合わせてよりよい提案をするため」など、それぞれの目標に応じたスキル習得度を検証することができます。
  • iDeCo加入者に対する投資教育のツールとしてもご活用いただけます。
  • 本試験は、CBT(Computer-Based Testing:コンピュータ試験)方式により実施します。他の金融業務能力検定の種目とは、申込方法・試験実施期間などが異なりますので、詳細につきましては株式会社CBT-Solutionsのウェブサイトをご参照ください。
  • 合格者には「個人型DC(iDeCo)プランナー」の認定証を発行します。

試験の概要

試験範囲

  1. わが国の公的年金制度と退職給付制度
  2. iDeCo制度に関する知識
  3. 資産運用・形成に必要な知識
  4. iDeCoの推進・提案

出題形式等

四答択一式50問(CBT方式)

※法令基準日
2017年4月1日現在で施行されている法令等に基づいて出題されます。

合格基準

100点満点で60点以上

試験日

2017年9月2日(土)から配信開始(通年実施)

受験申請

受験申請(受験者ログイン、法人ご担当者様ログイン)はこちら

※フィーチャーフォンはご利用いただけません。また、スマートフォンとタブレットは、システムとして最適化はされておりませんので、ケースによっては、現システムでは対応できない場合がございます。 不安定な状況であることをご了承ください。