特徴

  • お客さまの個人の財産(資産)を次世代へと引き継ぐ資産承継に関して、特に相続税や贈与税などの諸制度について、一定程度の知識は有していても、その知識を実例に即して活用できる人は多くないと思われます。
  • 高齢化の進展と相続税の課税強化のなかで、お客さまの実状にあわせて、「遺産分割対策・納税資金準備・相続税額の軽減に関する考え方について説明ができる」「相続の手続きについてアドバイスができる」知識と実践力の習得は必須です。
  • 「過去に習得したはずの知識の不足を補うため」「一人ひとりのライフプランに寄り添うため」「お客さまの悩みを分かち合うため」「自分の言葉でお応えするため」、それぞれの目標に向かって、本試験をご活用ください。
  • 本試験は、CBT(Computer-Based Testing:コンピュータ試験)方式により実施します。他の金融業務能力検定の種目とは、申込方法・試験実施期間などが異なりますので、詳細につきましては、株式会社CBT-Solutionsのウェブサイトをご参照ください。
  • 合格者には、「資産承継アドバイザー」の認定証を発行します。

試験の概要

試験範囲

  1. 資産承継の準備
  2. 遺産分割対策および納税資金準備
  3. 相続税額の軽減対策
  4. 相続に関する諸手続き

出題形式等

四答択一式50問(CBT方式)

※法令基準日
2017年6月30日までに実施する試験は2016年4月1日現在で施行されている法令等に基づいて出題され、2017年7月1日以降2017年度中に実施する試験は2017年4月1日現在で施行されている法令等に基づいて出題されます。

合格基準

100点満点で70点以上

試験日

通年実施

受験申請

受験申請(受験者ログイン、法人ご担当者様ログイン)はこちら

※フィーチャーフォンはご利用いただけません。また、スマートフォンとタブレットは、システムとして最適化はされておりませんので、ケースによっては、現システムでは対応できない場合がございます。 不安定な状況であることをご了承ください。