特色

  • 入行1~2年の若手行職員を対象に、日常業務に不可欠な基礎知識および金融常識を客観的に検証します。
  • 階層別の教育ニーズに即して、体系的に行職員のレベルアップを図ることができるとともに、全国的なレベルで、客観的に各自の能力水準を確認できます。
  • (株)きんざいが発刊する通信教育と密接に連繋しているので、一貫した研修効果が期待できます。

実務初級

試験範囲

基礎的な預金、為替、融資、出納、手形・小切手等の実務知識および金融常識

出題形式等

  • マークシート方式
  • ○×式20問、計20点
  • 三答択一式20問、計40点
  • 語群択一式20問、計40点

持込み品

筆記用具(HB以上の濃い黒鉛筆、消しゴム)

合格基準

100点満点で60点以上

2018年度からの試験形式の変更について

2018年度より試験形式を変更し、CBT試験で実施します。ペーパーテスト形式での実施は2017年9月試験が最後となります。