~ベンチマーク活用による収益向上~

主催 一般社団法人 金融財政事情研究会 共催 株式会社日本M&Aセンター

シンポジウムの趣旨

 金融庁は28年度の監督指針として「金融仲介機能のベンチマーク導入」を公表しました。目的としては、「取引先の経営改善・成長力の強化・事業再生等による生産性の向上」が挙げられており、また、金融仲介機能を充分発揮するためにコンサルティング機能の充実かつ外部組織との連携を推奨しています。 本年度は「地方創生」の具体的な施策が実行に移され、正にその中身の真意が問われる年です。当然、地域経済の担い手として積極的に「地方創生」にコミットしてきた地域金融機関にとってもその実力が試されるといっても過言ではありません。 弊会としては、地域金融機関が取引先の事業性評価の段階で経営問題を浮き彫りにし、積極的に解決策に取組み、その結果として結実している事業承継・M&Aの事例をご紹介し、金融機関とお取引先の持続的関係の発展や金融機関自身の収益に寄与する情報を共有できるシンポジウム等を企画いたしました。

 

お申込みはこちらからお願いいたします。

※予約完了後、ご登録いただいたメールアドレスに、「予約受付完了」メールが配信されます、当日は、「予約受付完了メール」の本文を印字しご持参ください。

 

◆日  時      平成29年2月8日(水)  13:00~19:30
◆会  場      明治記念館 (東京・信濃町)
◆参加費用      無料
◆対 象 者       金融機関の本部企画・地方創生・事業承継・M&A担当役員及び部長
◆定  員     80名 (1機関2名まで・先着順)

プログラム

13:00~13:30

基調講演「地方創生を語る(仮)」

 

 前地方創生担当大臣 自由民主党衆議院議員
石破 茂 氏

13:40~14:40
地域創生と地方銀行の役割

講師 浜銀総合研究所社長
伊東 眞幸 氏

14:45~15:05

日本M&Aセンター「& Biz」デモンストレーション  

株式会社日本M&Aセンター

15:15~16:50
<パネルディスカッション>

「収益源としての事業承継・M&A(コンサル・プロフィット・バンキング)
 の経営戦略」

コーディネーター

 株式会社日本M&Aセンター 社長 三宅 卓 氏

パネリスト

 群馬銀行 専務取締役 角田 尚夫 氏

 千葉興業銀行 常務取締役 常務執行役員 立野 嘉明 氏

 四国銀行 常務取締役 大田 良継 氏

司会 
 株式会社日本M&Aセンター 執行役員 鈴木 安夫 氏

16:55~17:00

「事業承継・M&A エキスパート協会の設立」について

株式会社日本M&Aセンター

17:05~19:30
情報交換会 

なお、「シンポジウム」終了後の「情報交換会(17:05~19:30)」は、会場を変えて、講師の方々、特別ゲストの方々を交えて開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

申込方法

お申込みはこちらからお願いいたします。
※予約完了後、ご登録いただいたメールアドレスに、「予約受付完了」メールが配信されます、当日は、「予約受付完了メール」の本文を印字しご持参ください。

 

◇問い合わせ先
株式会社 金財エージエンシー 担当:西野 弘幸
〒160-0012 東京都新宿区南元町19
TEL:03-3355-1618  FAX:03-5269-4744
e-mail:h.nishino@kinzai.co.jp

お願い

テキスト・資料等は当日会場でお渡しします。
ビデオカメラ・ICレコーダーなどの記録機器の使用はご遠慮ください。
参加される方のご都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願いいたします。

申込先・企画内容についてのお問合せ先

株式会社 金財エージエンシー 
〒160-0012 東京都新宿区南元町19
TEL 03-3355-1618(直通)  
FAX 03-5269-4744

会場ご案内

明治記念館 曙の間
〒107-8507 東京都港区赤坂2-2-23
TEL:03-3403-1171

  • JR総武線「信濃町」駅下車・徒歩3分
  • 東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目」駅下車・
    徒歩6分             

個人情報の取扱いについて

本セミナー申し込みにより取得しました個人情報については、次の目的で利用いたします。

  • 当該セミナーの受付・運営・管理および関連する当会(当社)、および提携団体の事業・サービス等の情報提供ならびに市場調査 ・当会(当社)の事業・サービスの開発

本セミナー申し込みにより取得しました個人情報については、個人情報保護法に定める場合を除いて、本人の同意なく、 利用目的外の利用および第3 者提供はいたしません。