金融財政事情研究会は2020年(令和2年)6月、創立70周年を迎えました

 

 金融財政事情研究会は、金融財政政策および金融機関経営に関する情報の収集・発信、調査研究と経済金融知識の普及・啓蒙を目的として、1950年(昭和25年)6月、大蔵省所管の社団法人として設立され、今日まで70年の歴史を刻んでまいりました。これもひとえに皆さまの絶大なるご支援の賜物であり、深く感謝申し上げます。

 

 当会は、創立以来「公平・中立」をモットーに、定期刊行物、書籍、セミナー・研究会、ファイナンシャル・プランニング技能検定などの事業を幅広く展開してまいりました。先見性と専門性に裏打ちされた「きんざい」の商品・サービスのクオリティは、金融界、法曹界、官界はもとより、広く経済界からも高い評価をいただいております。

 ICT技術の劇的な進化もあり、いまや「情報」こそがイノベーションと成長の源泉です。インターネットなどを通じた情報が氾濫するなか、「グローバル・ローカル」「伝統・革新」の視点を忘れず、皆さまにとって真に価値のある情報を正確かつ迅速にお届けします。

 金融財政事情研究会は、わが国でもっとも信頼される金融メディア・金融教育のフロントランナーであり続け、皆さまのお役に立ちたいと考えております。

 

 

2020年6月1日

一般社団法人 金融財政事情研究会