【「AML/CFTオフィサー」「AML/CFTオーディター」検定試験合格者向けの「継続的な専門教育(CPE)」】

 

[主催]一般社団法人 金融財政事情研究会
[運営]株式会社 きんざい

 ご参加のおすすめ

  当会は「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策(AML/CFT)」に関し、3つの防衛線のそれぞれに向けて、「AML/CFTスタンダード」「AML/CFTオフィサー」「AML/CFTオーディター」の3つの検定試験を行ってまいりました。 今般、「AML/CFTオフィサー」(第2線向け)と「AML/CFTオーディター」(第3線向け)検定試験の合格者を対象に、「継続的な専門教育」(CPE:Continuing Professional Education)を柱とする認定制度(「AML/CFT専門家プログラム」)を創設いたしました。

 このAML/CFT専門家プログラムに参加し、必要な要件を満たすことで、「AML/CFTオフィサー(アンチマネロン・オフィサー)®」、または「AML/CFTオーディター(アンチマネロン・オーディター)®」として認定致します。

 

「AML/CFTオフィサー(アンチマネロン・オフィサー)」(登録第 6098718号)
「AML/CFTオーディター(アンチマネロン・オーディター)」(登録第 6098719号)
「JCAC(日本マネロン・テロ資金供与対策センター)」(登録第 6098721号)
 は、一般社団法人金融財政事情研究会の登録商標です。

 

 

AML/CFT専門家プログラム(CPE)の概要

 参加資格ならびに申込方法

〔本プログラムへの参加資格者〕

「AML/CFTオフィサー」 検定試験合格者
「AML/CFTオーディター」検定試験合格者

〔申込方法〕

 本プログラムへの申込は、運営を担う「日本マネロン・テロ資金供与対策センター®JCAC:(Japan Center for Anti-Money Laundering/Combating the Financing of Terrorism)への登録が必要となります。登録には以下の2つの方法があります。  

  • 【法人登録】  
    法人に所属する参加資格者を、法人単位で登録することができます。「【法人登録用】新規法人登録申請書」と添付の「新規登録者名簿」に必要事項をご記入の上、参加の申込みをしてください。 法人登録における管理者は、管理者画面より自社の登録者の継続学習の取組み、資格更新ポイントの取得状況を確認することがきます。また、その内容をCSV形式のデータとしてダウンロードすることが可能です。
    「【法人登録用】新規登録申請書」はこちらからダウンロードできます。
  • 【個人登録】  
    個人として登録することができます。
    「【個人登録用】新規登録申請書」に必要事項をご記入の上、参加の申込みをしてください。
    【個人登録用】新規登録申請書」はこちらからダウンロードできます。

 

  • 法人登録から個人登録に、個人登録から法人登録に変更することが可能です。変更前と変更後両方の申請書をご提出ください。両方の申請書のご提出がない場合は、登録の解除として取り扱わせていただきます。
  • 継続学習の認定制度であることから、登録は試験合格後3年の間に行ってください。提供カリキュラムの性格上、原則、預金取扱金融機関およびその従業員を主な対象としますが、犯罪収益移転防止法2条に規定された特定事業者およびその従業員の登録もできます。

「JCAC登録者規程」はこちら。

 資格の付与

本制度に参加いただくことで、JCACより、合格した検定に応じた資格が認定されます。

  • 「AML/CFTオフィサー」(第2線向け)検定試験合格者)
    JCAC認定「AML/CFT オフィサー(アンチマネロン・オフィサー)®
  • 「AML/CFTオーディター」(第3線向け)検定試験合格者 
    JCAC認定「AML/CFTオーディター(アンチマネロン・オーディター)®

各認定者は、別途定めるAML/CFT専門家プログラムの学習が義務づけられます。
※登録されない場合でも、「AML/CFTオフィサー」検定試験合格者、「AML/CFTオーディター」検定試験合格者のステータスはそのままです。

<名刺等への資格名称の表記例>

  • AML/CFTオフィサー検定試験合格者

    JCAC認定「AML/CFTオフィサー(アンチマネロン・オフィサー)®
    「AML/CFTオフィサー(アンチマネロン・オフィサー)®
    JCAC認定「AML/CFTオフィサー®
    「AML/CFTオフィサー®」 JCAC認定
    「アンチマネロン・オフィサー®
    「アンチマネロン・オフィサー®

 

  • AML/CFTオーディター検定試験合格者

    JCAC認定「AML/CFTオーディター(アンチマネロン・オーディター)®
    「AML/CFTオーディター(アンチマネロン・オーディター)®
    JCAC認定「AML/CFTオーディター®
    「AML/CFTオーディター®」 JCAC認定
    「アンチマネロン・オーディター®
    「アンチマネロン・オーディター®

 AML/CFT専門家プログラムの構成

AML/CFT専門家プログラムは、専用ウェブサイトにより提供され、

  1. 「CPEレッスン」(実務家情報等をまとめた1時間程度の学習コンテンツと確認テスト)を年4回(6月、9月、12月、3月)の提供
  2. 「CPEレッスン」の修了およびセミナー等への参加などの「学習履歴の管理」 より構成されます。

資格更新は3月末を期末とする年度ごとに行われ、年間20ポイントを取得した場合に次年度の資格更新が行われます。

 年間費用

(1人当り金額:10%税込)

 通常年度利用料(4月~翌年3月) 19,800円
申込
初年度
利用料
申込月 登録開始月 利用料金
4月10日~6月10日 7月 14,850円
7月10日~9月10日 10月 9,900円
10月10日~12月10日 1月 4,950円
1月10日~3月10日 4月

次年度より

通常年度利用料

  • 本プログラムは自動更新となります。
  • 登録の解除をご希望の場合は、解除を希望する前年度の1月末までに登録解除申請書をご提出ください。次年度4月より登録を解除させていただきます。
  • 年度途中の変更であっても年度利用料のご返金はいたしません。
  • プロバイダー、インターネット回線使用料、データ送信料は別途、参加者のご負担となります。
  • 「AML/CFTオフィサー」「AML/CFTオーディター」の両方に合格されている方につきましても、1人当り金額となります。

 資格更新と認定証の発行

  • 登録が完了すると、登録年度内有効の認定証をAML/CFT専門家プログラム専用ウェブサイトよりダウンロードすることができます。
  • 資格更新要件は、AML/CFT専門家プログラムの4回のCPEレッスン修了かつ資格更新年間20ポイントを当該年度内に取得した場合です。
  • 資格更新要件を取得した場合は、次年度の「正会員」として資格更新を認めます(更新要件の取得時に次年度の資格認定証をダウンロードすることができます)。
  • 年度資格更新要件を取得できなかった場合は、次年度は「準会員」となります(次年度の認定証はダウンロードすることができません)。次年度の資格更新要件の取得時に、次々年度の正会員として資格更新を認めます(更新要件の取得時に次年度の認定証をダウンロードすることができます)。
  • 登録の解除を申請された場合は、専用ウェブサイトにログインできなくなり、有効期間の認定証もダウンロードすることができなくなります。再登録にはAML/CFTオフィサー検定試験の再試験が必要となります。
  • 登録年度の資格と翌年度の更新要件は、「登録年度の資格および翌年度の更新要件」をご覧ください。

 AML/CFT専門家プログラムで資格更新ポイントを取得できます

AML/CFT専門家プログラムでは、専用ウェブサイトによる継続学習(CPEレッスン)、関連セミナーへの参加、専門誌への投稿等、日々の継続的な活動が資格更新ポイントとして加算されます。
JCACは、登録者の学習履歴、ポイント取得状況を管理することで、登録者の学習をサポートします。年度資格更新ポイント数等は、専用ウェブサイトでご確認いただけます。

 

  1. 「CPEレッスン」1時間程度 年間4回(必須)
    (規制動向アップデート/行政処分事例/近時の手口動向/実務上の課題や対応事例/当局発表文書等の解説等の理解度テスト10問)
    CPEレッスンを視聴し、理解度テストで8割以上正答
    ・・・1回3ポイント
  2. CPEレッスンで指定された「CPEホームワーク」への回答 年間4回
    ・・・1回2ポイント
  3. AML/CFT関連の第2線・第3線向け所属機関内研修参加
    ・・・1回1ポイント
  4. AML/CFT関連の第2線・第3線向け公開セミナー等の参加
    (有料セミナーの場合は参加者のご負担となります。)
    ・・・1回1ポイント
  5. 上記の公開セミナー等のうちJCACが認めたものに参加
    (有料セミナーの場合は参加者のご負担となります。)
    ・・・1回2ポイント
  6. AML/CFT関連の外部の公開セミナー、所属機関内研修等の講師担当
    ・・・1回3ポイント
  • 3.~6.はそれぞれ8ポイントが上限となり次年度には引き継ぐことはできません。
  • AML/CFT専門家プログラムの内容、資格更新ポイント等は変更となることがあります。
  • 参加セミナー、講師として登壇したセミナーは内容を確認させたいただくことがあります。

 登録年度の資格および次年度の更新要件

対象者 登録初年度 次年度の資格更新要件
通常年度 年間20ポイント取得で次年度の資格更新を認めます(CPEレッスンおよびCPEホームワーク4回分のポイント数)。
申込
初年度
4~6月に新規申込み、
7月登録
登録の段階で登録年度の資格を認定 20ポイントのうち15ポイント取得で次年度の資格更新を認めます(CPEレッスンおよびCPEホームワーク3回分のポイント数)。
7~9月に新規申込み、
10月登録
20ポイントのうち10ポイント取得で次年度の資格更新を認めます(CPEレッスンおよびCPEホームワーク2回分のポイント数)。
10~12月に新規申込み、
翌年1月登録
20ポイントのうち5ポイント取得で次年度の資格更新を認めます(CPEレッスンおよびCPEホームワーク1回分のポイント数)。
1~3月に新規申込み、
翌年度4月登録
登録をもって、次年度の資格を認定します。(次年度において資格更新必要年間20ポイント取得で次々年度の資格更新を認めます。)

※CPEレッスンについては所定の回数の修了が必須となります。

 EラーニングツールとしてMoodleを使用

AML/CFT専門家プログラムは、オープンソースの学習管理システムのMoodle(ムードル)を使用しています。現在、世界で8000万人の学習者が利用しています。日本でも、大学、企業、塾などで導入されています。

 

 申込方法

  1. 新規登録申請書の送付
    「JCAC登録者規程」をご確認の上、法人登録用、または個人登録用の登録申請書に必要事項をご記入の上、FAXまたは郵送でお申込みください。
  2. 請求書ID・パスワードのお知らせ
    請求書ならびに専用ウェブサイトのアドレスとログインに必要なIDとパスワードを記載した書面を、法人登録の場合はご請求先住所宛、個人登録者はご登録者住所宛に送付します。
    ※請求書およびID・パスワードのお知らせは登録月の2か月前から順次送付します。
  3. 利用料のお振込
    請求書に記載された金額を振込期限までにお振込ください。領収証が必要な方は、登録申請書の所定欄に〇印を記入してください。
  4. ID・パスワードによるログイン、認定証のダウンロード
    専用ウェブサイトにアクセスし、ID・パスワードを入力して、AML/CFT専門家プログラムにログインしてください。画面の案内に従い、初年度有効の認定証をダウンロードしてください。
  5. CPEレッスンの開始
    CPEレッスン等、AML/CFT専門家プログラムの資格更新ポイントの取得が可能となります。

 

申込み・企画内容についてのお問合せ先

一般社団法人金融財政事情研究会 
日本マネロン・テロ資金供与対策センター(JCAC)
担当:石丸、國島、栁澤
〒160-8519 東京都新宿区南元町19
TEL 03-3358-1786(平日の10:00~16:00)

個人情報の取扱いについて

本セミナー申込みにより取得しました個人情報については、次の目的で利用いたします。

  • 当該セミナーの受付・運営・管理および関連する当会(当社)、および提携団体の事業・サービス等の情報提供ならびに市場調査
  • 当会(当社)の事業・サービスの開発 本セミナー申込みにより取得しました個人情報については、個人情報保護法に定める場合を除いて、本人の同意なく、利用目的外の利用および第三者提供はいたしません。