金融リテラシー検定を創設


 学習指導要領の改訂により、2022年4月から高校教育における金融経済教育の内容が拡充されました。また、2022年4月の成年年齢の引下げに伴い、資産形成だけでなく、契約や金融トラブルに関する教育の必要性がより一層求められています。しかしながら、金融経済教育についてインプット型のセミナーは増加しているものの、知識や理解のアウトプットを測定する機会は少ないのが現状です。そこで体系的かつ実用的な金融知識と適切な判断力の向上を企図し、一般社団法人金融財政事情研究会はこのほど、高校生、大学生、新社会人などを対象とした金融リテラシー検定を創設します。

 

試験の概要


試験方式 IBT(Internet-BasedTesting)方式
※パソコンやスマートフォン、タブレット等で、いつでもどこでも受験できる試験です。
受験日 2023年4月3日以降
試験の対象者 高校生、大学生、新社会人など
※受験資格は特にありません。
試験時間 40分
出題形式 正誤問題35問、三答択一式15問
合格基準 100点満点で60点以上
受験手数料(税込) 3,300円
法令基準日 問題文に特に指示のない限り、2023年4月1日現在施行の法令等に基づくものとします。

※試験内容等は部分的に変更になる場合があります。

 

金融リテラシー検定対応テキスト(一部サンプル)


本テキストはSMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社と協同で制作しています。

※製品版とは内容が異なります(動画の電子音声など)。

 

金融リテラシー検定試験問題(一部サンプル)


※試験問題のイメージです。製品版とは内容が異なります。

 

お問い合わせ


一般社団法人金融財政事情研究会 編集部直通:03-3358-0016