このページは金融業務能力検定について紹介しています(DCプランナーを含みます)。
FP技能検定についてはこちらをご覧ください。

インターネット受験申請

2018年度金融業務能力検定の改定について

金融業務能力検定は、1975(昭和50)年に「実務初級」「預金中級」「融資中級」の3種目で始まり、現在は33種目にまで拡大しています。この間の金融機関の業容拡大に懸命に対応してきた結果です。しかしながら、金融業務の多様化・深化はとどまるところを知りません。今後ともこれらに対応し続けていくために、金融業務能力検定を2018年度に改定、再構築することとしました。

今回の改定のねらいは、次の3つに集約することができます。

(1) 検定試験ラインナップの体系化

金融業務能力検定に4つのレベル・等級を採用し(コンプライアンス・オフィサー、個人情報保護オフィサー、マイナンバー保護オフィサーについては、従来どおり等級表示をしません)、試験名称も統一感をもたせるような体系に整理します(「金融業務能力検定改定の概要(PDF形式/134KB)」参照)。金融業務能力検定の新体系は、今後、新たに開発していく検定試験にも適用することで、各金融機関の研修プログラムに導入しやすいラインナップを目指します。

(2) レベル感・出題形式の明確化

レベルIV、III、IIの試験について、試験問題・出題形式・問題数・合格基準の統一化を図り、レベルに応じて難易度や合格率を一定程度の範囲にそろえます。これにより、出題の質の維持を徹底させ、受験者にとって学習のしやすい試験を追求します。

(3) CBT方式の採用

CBT(Computer-Based Testing)とは、コンピュータを使用して実施する試験のことで、当会が株式会社CBT-SolutionsのCBT試験システムを利用して実施するものです。CBTでは、受験日時・テストセンター(受験会場)を受験者自らが指定することにより、受験機会の柔軟性確保・大幅な増大が可能となります。試験問題についても、より科学的な分析に基づいた出題が可能となり、(2)と相俟って、試験レベルの一層の安定化を目指します。また、団体とりまとめ担当者に対しても、使い勝手の良い機能の提供に努め、業務の洗練化を図ります。

こうした見直しに伴い、受験手数料体系につきましても、改定をさせていただきたいと存じます。

改定の趣旨、ねらい、内容等に関しましてご理解いただき、今後とも本検定につきましてなお一層のご活用を賜れば幸いに存じます。

金融業務能力検定とは

さまざまな業務を取り扱うことが必要とされる時代が到来し、金融機関の行職員に求められる役割・知識も多様化かつ複雑化しています。

「金融業務能力検定」は、このような金融機関の実情を踏まえ、若手行職員から中堅行職員・役席者にとって必要とされる基本的な業務知識・実務への対応力を検証する試験として、金融界で長年ご活用いただいております。

種目別には、金融機関の基本的な業務に関する知識の程度を検証する「実務初級」「預金」「融資」「法務」「財務」を始め、金融機関経営にとって不可欠とされるコンプライアンスの遵守に対応したコンプライアンス・オフィサー、個人情報保護オフィサーならびにマイナンバー保護オフィサー、事業性融資拡大を図るうえで不可欠となる営業力を検証する法人営業力強化、営業店の中堅・管理者のリスク管理に関する知識の検証を図る営業店リスク管理者、企業財務のプロフェッショナルを目指す方向けの試験として企業価値向上のための財務戦略エキスパートなどがあります。

金融業務能力検定の特徴

金融業務能力検定は、単に知識を問うだけでなく、実務遂行能力を問う試験問題を中心に出題します。実務家を中心とした試験委員が、真の実力を検証するための独自のノウハウを織り込むことにより、実務に即した出題となっています。また、実力を涵養するための基本教材である通信教育講座と体系的にリンクしていますので、試験と併せご利用いただくことにより、一貫した教育効果が期待できます。試験前の勉強に備えた教材として、過去問題の解説を掲載した試験問題解説集も用意しております。

金融業務能力検定に関する問合せ先
〒160-8529 東京都新宿区荒木町2-3
一般社団法人 金融財政事情研究会 検定センター
TEL 03-3358-0771
(お電話は応対品質向上のため、録音させていただいております)