日本商工会議所と一般社団法人金融財政事情研究会が共同で実施する年金・退職給付と投資教育に関する能力を判定する試験です。

  • 確定拠出年金をはじめとする年金・退職給付制度の知識・技能を審査します。
  • 投資教育や老後生活設計の知識を身につけ、確定拠出年金制度の利用を図る企業や個人へ適切な情報を提供できる人材を育成します。
  • 1級または2級プランナーDC認定試験合格者のうち、所定の資格登録手続を行った方を、「DCプランナー(企業年金総合プランナー)」として認定します。

試験対象

金融機関職員、企業経営者、福利厚生担当者、社会保険労務士、税理士、ファイナンシャル・プランナー、学生などを始め、自らの年金資産をより有効に運用したいと考えている個人の方

試験水準

等級 求められるレベル 養成対象者
1級 確定拠出年金やその他の年金制度全般、および金融商品、投資等に関する専門的な知識を有し、企業に対しては現行退職給付制度の特徴と問題点を把握のうえ、確定拠出年金を基軸とした適切な施策を構築でき、また、加入者等の個人に対しては確定拠出年金の加入者教育の実施と老後を見据えた生活設計を提案できるレベル。 企業の年金管理者
退職給付コンサルタント
2級 確定拠出年金やその他の年金制度全般に関する基本的事項を理解し、金融商品や投資等に関する一般的な知識を有し、確定拠出年金の加入者・受給者、確定拠出年金制度を実施する企業の福利厚生担当者などに対し説明できるレベル。 企業の年金担当者
金融機関の渉外担当者

2018年度試験日程

DCプランナー認定試験は、2011年度から金融財政事情研究会の金融業務能力検定の試験日程に合わせて、2級を9月に、1級を1月に実施しています。試験の申込方法等は、金融業務能力検定と同一です。申込方法等の詳細については、金融業務能力検定の受験申込のページをご覧ください。金融財政事情研究会のインターネット受験申請受付システムからのインターネット申込も可能です。

実施科目

  種目
コード
試験日 試験時間 試験形式 合格発表
(予定)
受験料
(税込)
1級
DCプランナー
認定試験
D01 2019年
1月27日(日)
<基礎編>
10:00~12:30
(150分)
<基礎編>
マークシート
2019年
3月7日(木)
10,800円
<応用編>
13:30~15:30
(120分)
<応用編>
記述式
2級
DCプランナー
認定試験
D02 2018年
9月9日(日)
10:00~12:30
(150分)
マークシート 2018年
10月22日(月)
6,480円

試験日程

  受験申請受付期間 受験申請書請求期間 受験票発送日
1級DCプランナー
認定試験
2018年11月12日(月)
~12月3日(月)
2018年10月1日(月)
~11月26日(月)
2019年1月9日(水)
2級DCプランナー
認定試験
2018年7月4日(水)
~7月25日(水)
2018年6月1日(金)
~7月18日(水)
2018年8月23日(木)

※ 試験会場は全国主要都市(約130受験地)を予定しています。

試験概要

等級 1級 2級
受験資格 DCプランナー2級合格者 ※1) どなたでも受験できます
試験範囲 A分野:わが国の年金制度・退職給付制度
B分野:確定拠出年金制度
C分野:投資に関する知識
D分野:ライフプランニングとリタイアメントプランニング
出題形式 【基礎編】
四答択一式問題
50問程度
マークシート形式
【応用編】
記述式問題
5題程度
四答択一式問題
45問程度
マークシート形式
持込み品 ※2) 筆記用具(HB以上の濃い黒鉛筆、消しゴム)
計算機(下記の各条件に該当するもの1台に限る) ※3)
合格基準 200点満点で140点以上 100点満点で70点以上
  • ※1) 2級試験の合格時期および2級資格の登録の有無は問いません。
  • ※2) 試験会場での筆記用具・計算機の貸出しは一切行いません。
  • ※3) 計算機…
    1. 電源内蔵のもの
    2. 演算機能のみを有するもの
      • 使用可…√、%、消費税に係る税込・税抜、売上に係る原価(MD)・売上・売価(MU)・利益率、日数・時間計算、マルチ換算についてのキー、定数計算機能、メモリー(M)機能(計算結果を1つだけ記録できるものに限る)、GTキー。
      • 使用不可…関数計算機能〔Σ(シグマ)、log等〕、複利計算・ローン計算機能、紙に記録する機能、音〔タッチ音、音階、音声等〕を発する機能、プログラム(計算式)の入力(登録)機能、計算過程をさかのぼって確認できる機能、等を有するもの。
    3. 数値を表示する部分がおおむね水平で、文字表示領域が1行であるもの
    4. 外形寸法がおおむね26cm×18cmの大きさを超えないもの
      ※ 持ち込んだ計算機が使用禁止計算機に該当する場合、計算機をしまっていただくなど、試験監督者が使用不可の措置を取ることがあります。持参する計算機の機能につきましては、十分にご注意ください。

法令基準日

2018年度に実施する本試験の解答にあたっては、問題文に特に指示のない限り2018年4月1日現在施行の法令等に基づくものとします。

ガイドライン

ガイドラインの内容は下記をご覧ください(PDF形式ファイル)。

 


PDF形式のファイルをご覧いただくにはアドビシステムズが配布しているAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。下記のサイトからダウンロードできます。

Get_Adobe_Acrobat_Reader