このページは金融窓口サービス技能検定について紹介しています。 
FP技能検定についてはこちらをご覧ください。

 

インターネット受験申請(FP・金融窓口サービス・金融業務能力検定)

金融窓口サービス技能検定とは

  • 金融機関における窓口業務等に必要な技能の程度を検定します。
  • 2016年5月から、技能検定の制度を改定しています。
  • 試験は、1、2、3級とも学科試験と実技試験がペーパーテスト形式で行われ、それぞれ合否判定を行います。
  • 3級の実技試験はテラー業務と金融商品コンサルティング業務の2つの科目に分けて実施します。
  • 学科試験、実技試験のいずれか一方の合格者には、一部合格証書が発行され、学科試験と実技試験の両方に合格すると、合格証書が発行されます。
  • 一部合格者には試験免除制度があり、学科試験(あるいは実技試験)の合格者は、学科試験(あるいは実技試験)が免除されます(ただし、合格した学科試験(あるいは実技試験)の試験日の翌々年度末までに行われるものに限る)。2016年度の一部合格は、2019年3月31日まで有効です。
  • 2015年度までに各選択科目(テラー業務または金融商品コンサルティング業務)の1級学科試験に一部合格した受検者が2016年度以降有効期間内に1級実技試験に合格した場合は、各選択科目の業務名の入った合格証書が交付されます。同じく2015年度までに各選択科目の2級学科試験(または2級実技試験)に一部合格した受検者が2016年度以降有効期間内に2級実技試験(または2級学科試験)に合格した場合は、各選択科目の業務名の入った合格証書が交付されます。

金融窓口サービス技能検定に関する問合せ先
〒160-8529 東京都新宿区荒木町2-3
一般社団法人 金融財政事情研究会 検定センター
TEL 03-3358-0771(おかけ間違いにご注意ください)

※金融窓口サービス技能検定の各ページ(http://www.kinzai.or.jp/ginou/teller/以下の各ページ)の文章・表(画像は除く)について、出典(一般社団法人金融財政事情研究会)の明記と、ネット接続媒体にあっては元ページへのリンク設置、非接続媒体にあってはURIの表記を条件に転載を自由とします。